スポンサーリンク

ヤモリとイモリの違い

調べ事

家の窓にヤモリがいたので、ヤモリについて書きます。

スポンサーリンク

ある日の夜、窓の外に…

ある日の夜、窓の外にヤモリがいるのを見つけました。

大きさから判断すると、子どもっぽかったです

ヤモリについて

ヤモリについてです。

ヤモリは、なんで家に張り付いているの?

家の外や中にヤモリがいると、トカゲかと勘違いしてびっくりすると思います。

実は、ヤモリは「家を守る」から家守。

なんで家を守るのかというと。

家にいる、ガ、クモ、こおろぎ、ハニーワーム、GOKIを食べてくれるからです。

実際、私の家の窓に張り付いて、虫を食べてました。

ヤモリは何が得意?

壁のぼりが得意。

ヤモリとイモリの違いは?

イモリとヤモリは、名前が似ています。

イモリのイを、ヤにしたらヤモリになりますよね。

ヤモリとイモリの違いについて、まとめました。

ヤモリ イモリ
爬虫類:カメやトカゲの仲間 両生類:カエルの仲間
家の近くに住む水が苦手 水辺に棲んでいる
壁にカチカチの卵を産む 水草にぷにぷにの卵を産む
家を守る 井戸を守る
大きさは10~14cm 大きさは8~13cm
壁のぼりが得意。吸盤のような指だから壁にくっつく。 泳ぐのが得意
夜に活動 夜に活動
寿命は約10年 寿命は10~15年

イモリの赤ちゃんと、ヤモリの赤ちゃんは、どうちがうの?

イモリの赤ちゃんは、エラがあります。

ヤモリの赤ちゃんは、親にそっくり。

イモリとヤモリは、きけんをかんじるとどうなるの?

イモリは危険を感じると毒を出します。だから、触ったら必ず手を洗いましょう。

ヤモリは、危険を感じると「ミーッ」と鳴きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました