スポンサーリンク

イトヒキイワシっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のイトヒキイワシについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:イトヒキイワシはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に棲んでいる魚のことです。

一番深い海のマリアナ海溝の深さは200~10000mです。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

ですが、深海魚はその水圧に耐えられる不思議な体を持っています。

では早速、イトヒキイワシについて見ていきましょう!

イトヒキイワシとは:イトヒキイワシはいったいどういう魚?

イトヒキイワシは水深約500~1000mに生息しています。

全長38cmほどの大きさ。

イトヒキイワシは腹びれと尾びれで立ちます。

その姿がまるで「三脚」のようだから別名「サンキャクウオ」と呼ばれます。

イトヒキイワシはあまり動くことはなく、海底でじっとしていて獲物が来るのを待ちます。

捕食時には胸びれを動かしてプランクトンを引き寄せます。

イトヒキイワシは「イワシ」と名前についていますが、決してイワシの仲間ではありません。

仲間の「ナガヅエエソ」がいます。

あまり食料には向いていません。

イトヒキイワシの仲間:イトヒキイワシはいったいどういう魚?

イトヒキイワシの仲間を紹介します。

ナガヅエエソ

イトヒキイワシと似ていますが、触手があるかないか、それか色で区別できます。

ナガヅエエソも同じく「サンキャクウオ」と呼ばれます。

ナガヅエエソは水深約600~1000mに生息します。

眼が退化して小さいです。(イトヒキイワシも同様)

眼が小さいため、触手で周りの状態を感知します。

「エソ」とついていますがエソの仲間ではな…というパターンではなく、ナガヅエエソはエソの仲間です。

まとめ:イトヒキイワシはいったいどういう魚?

以上イトヒキイワシについてでした。

今度も深海魚のブログ書いていきます!

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました