スポンサーリンク

シギウナギっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のシギウナギについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:シギウナギはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に棲んでいる魚のことです。

一番深い海のマリアナ海溝の深さは200~10000mです。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

ですが、深海魚はその水圧に耐えられる不思議な体を持っています。

では早速、シギウナギについて見ていきましょう!

シギウナギとは:シギウナギはいったいどういう魚?

シギウナギは水深約300~2000mに生息しています。

全長1.4mも成長します。

シギウナギは名前の通り、鳥の「シギ」のくちばしに似ているから。

「セイタカシギ」の方が似ていると思います。

シギと同じ白い体ですね。

細い顎でエビなどの甲殻類の触覚に引っ掛けます。

顎には細かい歯が生えていますが、顎の力はあまり強くはないよう。

なんたってあんな細い顎じゃ強く動かせるわけがない。

べつにへにゃへにゃってわけではありませんよ?

エビを捕食するため、たまに胸がピンク色のものもいます。

体は細く、「クロシギウナギ」と区別されます。

食料にされ、味はいいみたい。

珍しい種です。

シギウナギの仲間:シギウナギはいったいどういう魚?

シギウナギの仲間を紹介します。

ウナギ

深海魚ではありませんが、シギウナギの仲間です。

「オオウナギ」や「ヨーロッパウナギ」と「アメリカウナギ」などの19種類のものの仲間がいます。

ウナギの仲間の深海魚もいますね。

↓ヌタウナギ

↓フクロウナギ

↓フウセンウナギ

他にも「デンキウナギ」もいますね。(深海魚ではありません)

まとめ:シギウナギはいったいどういう魚?

以上シギウナギについてでした。

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました