スポンサーリンク

フウセンウナギっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のフウセンウナギについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:フウセンウナギはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に住んでいる魚の事です。

マリアナ海溝は200~10000mまでの深さがあります。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

フウセンウナギとは:フウセンウナギはいったいどういう魚?

フウセンウナギは水深約2000~4000mに生息しています。

全長60~160cm。

英名「サッコファリンクス」と呼ばれます。

フウセンウナギの「フウセン」はとても大きく膨らむのどに由来している。

フクロウナギにとても似ているが、頭の形で区別できる。

フクロウナギは長方形のような形、フウセンウナギは三角形の形をしている。

フウセンウナギの仲間:フウセンウナギはいったいどういう魚?

フウセンウナギの仲間を紹介します。

フクロウナギ

袋のような顎を持ちます。

でもフクロウナギは、その大きな口に合わないプランクトンや甲殻類を獲物にします。

尾の先は光るようになっていて、それで獲物をおびき寄せます。

まとめ:フウセンウナギはいったいどういう魚?

以上、フウセンウナギについてでした。

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました