スポンサーリンク

キンメダイっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のキンメダイについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:キンメダイはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に住んでいる魚の事です。

マリアナ海溝は200~10000mまでの深さがあります。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

キンメダイとは:キンメダイはいったいどういう魚?

キンメダイは水深200~800mに生息しています。

体長は40~50cm。

名前の通り光る眼を持っています。

金色に光る理由は、猫と同じようにタペータム(タペタム)を持っているからです。

光が眼に入って反射するので、金色に光るのです。

体は赤く、タイに似たひれの位置。

だからタイ科ともいえるでしょう。

仲間にオニキンメがいます。

キンメダイの仲間:キンメダイはいったいどういう魚?

キンメダイの仲間を紹介します。

マツカサウオ

うろこがマツボックリの「カサ」のようだからマツカサウオ。

マツカサウオのうろこは非常に硬く、刃物でも切れにくいです。

うろこの模様がパイナップルに似ていることから「パイナップルフィッシュ」と言われます。

オニキンメ

オニキンメの「オニ」は、子供の頃に頭にある角が鬼のようだから。

牙が長く、完全に口が閉じれません。ホウライエソかよ!

顔はごつごつしており、体より頭のほうが大きい。

まとめ:キンメダイはいったいどういう魚?

以上、キンメダイについてでした。

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました