スポンサーリンク

オウムガイっていったいどういう生物?調べてみる

水生生物

深海生物のオウムガイについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:オウムガイはいったいどういう生物?

深海魚とは文字通り、深い海に棲んでいる魚のことです。

一番深い海のマリアナ海溝の深さは200~10000mです。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

ですが、深海魚はその水圧に耐えられる不思議な体を持っています。

では早速、オウムガイについて見ていきましょう!

オウムガイとは:オウムガイはいったいどういう生物?

オウムガイは水深約100~600mに生息しています。

全長約12~23cm。

「生きた化石」として有名ですね。

オウムガイは「アンモナイト」というより「チョッカクガイ」に近い。

鈴のような目を持ち、視力はあまりありません。

貝の中の奥の方には、小さな部屋が何個もあります。小さな部屋にはガスなどが入っており、それで体を安定させます。

移動は遅く、イカやタコにもある「漏斗」を使って後ろに進みます。

オウムガイは水深約800mぐらいの場所にいくと、貝殻が割れてしまいます。

オウムガイとも言われますが、「オオムガイ」とも言われています。

まとめ:オウムガイはいったいどういう生物?

以上オウムガイについてでした。

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました