スポンサーリンク

マダラっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のマダラについて説明ついてします。

スポンサーリンク

深海魚とは:マダラはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に棲んでいる魚のことです。

一番深い海のマリアナ海溝の深さは200~10000mです。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

ですが、深海魚はその水圧に耐えられる不思議な体を持っています。

では早速、マダラについて見ていきましょう!

マダラとは:マダラはいったいどういう魚?

マダラは水深約800mに生息しています。

全長1.2mにもなります。

「またこいつも深海魚かよ!」と思う人も多いでしょうね。ノコギリザメに続いてマダラもかよ!

マダラは食料魚でも有名ですね。

自分はあまりタラ好きじゃないですが…失礼なっ!

タラの中で一番大きい種です。

「マダラ」なので体の柄が「まだら模様」ですね。(笑)

顎のひげは砂の中にいる獲物を探す役割があると思います。

「アナゴ」のように上顎が前に出ています。

マダラの下にはひげがあり、腹が大きく膨らんでいる。

メスのマダラは数百個のものの卵を産みますが、その中で生き残るのはごくわずか…

残念無念。

肉食性の魚ですが、稚魚のときはカイアシ類などを獲物にします。ガウシアには気を付けろ!

マダラの仲間:マダラはいったいどういう魚?

マダラの仲間を紹介します。

スケトウダラ

マダラに似ていますが、体は小さくて「ウナギ」のような顎をしています。

肉食性の魚であり、ひげが目立ちません。

食料にされ、卵は「明太子」や「たらこ」にされます。同じなんかーい

スケトウダラの寿命は不明らしいです…

残念無念。

まとめ:マダラはいったいどういう魚?

以上、マダラについてでした。

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました