スポンサーリンク

ミズヒキイカっていったいどういう生物?調べてみる

水生生物

深海魚のミズヒキイカについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:ミズヒキイカはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に棲んでいる魚のことです。

一番深い海のマリアナ海溝の深さは200~10000mです。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

ですが、深海魚はその水圧に耐えられる不思議な体を持っています。

では早速、ミズヒキイカについて見ていきましょう!

ミズヒキイカとは:ミズヒキイカはいったいどういう魚?

ミズヒキイカは水深約2178m~3060mに生息しています。

全長約1.5~7mです。

珍しい種で、12匹しか目撃されていません。

とてつもなく長い腕を持っており、何を捕食しているのかも不明です。

ですが、ミズヒキイカは海底にいる獲物を食べるか、腕に当たった獲物を捕食するかと言われています。

小さいサイズのミズヒキイカは「ミズウオ」に捕食されます。(ミズ同士~)

体(頭に見える所)は小さく、ヒレがやや大きい。

多分、深海イカで4番目に大きいイカでしょう。

ミズヒキイカの腕が曲がっている理由ですが、おそらく、腕が絡まらないようにするためだと思います。腕が糸のようなので。

「漏斗」では泳ぎませんが、大きなヒレでばたつかせて泳ぐとされます。正式にはよくわかっていないようです。

残念無念。

まとめ:ミズヒキイカはいったいどういう魚?

以上、ミズヒキイカについてでした。

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました