スポンサーリンク

ハダカイワシっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のハダカイワシについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:ハダカイワシはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に住んでいる魚の事です。

マリアナ海溝は200~10000mまでの深さがあります。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

ハダカイワシとは:ハダカイワシはいったいどういう魚?

ハダカイワシは水深約100~2005mに生息しています。

英名「ランタンフィッシュ」別名「ヤケド」。

ハダカイワシの「ハダカ」は、陸に上がるとうろこが取れるからハダカイワシ。うろこ剝がれたら痛そう…

発光器を持つ魚として有名です。

食料魚であり、干物などにします。

ハダカイワシの仲間:ハダカイワシはいったいどういう魚?

ハダカイワシの仲間を紹介します。

コビトハダカ

名前の通り、ハダカイワシの仲間で一番小さい種です。

体長4cmで、眼の下に発光器があります。

メハダカ

ハダカイワシの仲間で一番大きい種です。

体長21cm、眉毛のような発光器を持ちます。

まとめ:ハダカイワシはいったいどういう魚?

以上、ハダカイワシについてでした。

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました