スポンサーリンク

映画「ジャンヌ・ダルク」のレビュー(ミラ・ジョヴォヴィッチ出演)ネタバレ注意

映画レビュー

映画「ジャンヌ・ダルク」のレビューをします。ネタバレを含む場合がありますので、ご注意下さい。

スポンサーリンク

映画の基本情報:ジャンヌ・ダルク

「ジャンヌ・ダルク」の基本情報です。

ジャンル:ジャンヌ・ダルク

アドベンチャー/戦争/伝記

公開年:ジャンヌ・ダルク

1999年

上映時間:ジャンヌ・ダルク

2時間30分

年齢制限:ジャンヌ・ダルク

PG12

監督:ジャンヌ・ダルク

リュック・ベッソン

ジャンヌ・ダルクの監督の他の作品

・レオン

・ニキータ

キャスト:ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルク:ミラ・ジョヴォヴィッチ

幼少時代のジャンヌ:ジェーン・バレンタイン

シャルル7世:ジョン・マルコヴィッチ

ヨランド・ダラゴン:フェイ・ダナウェイ

ジャンヌの良心:ダウティン・ホフマン

ジル・ド・レ:ヴァンサン・カッセル

デゥノワ伯:チェッキー・カリョ

ピエール・コーション:ティモシー・ウェスト

あらすじ:ジャンヌ・ダルク

百年戦争下のフランス。人並み外れて信仰心豊かな少女ジャンヌ・ダルクは、ある日、自らの村をイングランド軍に焼き討ちにされ、目の前で姉を虐殺されるという悲劇に見舞われる。

心に傷を負い、教会の神父にやり場のない感情をぶつけるジャンヌ。彼女のあまりの悲しみを目の当たりにした神父は彼女に「いつか神が、お前を必要とする日が来る」と言う。

そして数年後、フランス王家の元に、ジャンヌからの手紙が届く・・・。

観るとどんな気持ちになる?:ジャンヌ・ダルク

あまりスカッとするシーンはありませんでした…PG12にしてはグロイシーンが多いです。

頭をはねるシーンもあるし、人の手足が切れるシーンも映っています。

1つ言えることは、若い頃のミラ・ジョヴォヴィッチって綺麗だなぁということです。

戦闘シーンになるとグロくなります。主人公のジャンヌも「むごすぎる」と言っていました。

バットエンドで後味も悪いので、私はあまりおすすめしません…

どんな人にオススメ?:ジャンヌ・ダルク

1400年代の映画が観てみたい人、戦争系の伝記映画が観たい人。

伝記映画、と言っても「こんな事、現実に起きるのかな?」と思うシーンがいくつかありました。

ミラ・ジョヴォヴィッチのファンの人。

キャストの他の出演作品:ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ役のミラ・ジョヴォヴィッチはバイオハザードシリーズの主役として出演。

2020年に「モンスターハンター」と言う怪獣映画に出演しています。

ジル役のヴァンサン・カッセルはフランス版の「美女と野獣」で野獣役を演じ、同じくフランス人のレア・セドゥと共演しています。

「ジャンヌ・ダルク」はこちらから購入できます。


海外ドラマを観るなら、どこがお勧め?

海外ドラマを観るなら、Amazonプライムがおススメです。

話題の最新映画が盛りだくさん。

月額1000円以下で利用できますし、Amazonで買った商品も送料無料になることがあるので、重宝しています。

こちらからAmazonプライムの無料体験ができますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました