スポンサーリンク

不死身の生き物ベスト3!ベニクラゲが不死身って本当?不死身の生き物はいるの?

水生生物

海の不死身の生物を紹介します。

スポンサーリンク

不死身の生き物はいるのか:海の不死身の生き物

不死身の生物はいます。

体を切断しても死なない生物、宇宙へ行っても死なない生物など。

自分も不死身だといいなぁ…

それでは不死身の生物について見ていきましょう!

不死身の生物ベスト3:海の不死身の生き物

海の不死身の生物ベスト3です。

ベニクラゲ

ベニクラゲは、死が近づいてくると、ポリプ(幼い頃のクラゲ)に戻り、また若返ります。

5億年も生きるとされます。

ベニクラゲの「ベニ」は消化器官が紅色だから。

不死身であってもかわいい名前の由来です。

まあ…ウミガメに食べられて死亡…

残念無念。

プラナリア

プラナリアは切っても切っても死ぬことはありません。

切ると体が再生しますが、再生というよりか「分身」ですよ。分身!

そう、腹部から頭が再生します。

それに、そのプラナリアの記憶を持ったまま再生します…

ということは?脳まで一緒に再生される?

はっきり言って自分はプラナリア好きではありません…

「プラナリア」残念無念!

クマムシ

クマのような虫と思われると思いますが。

確かに名前の由来は「クマ」です。

でも全然クマに似てませんよ!決して!

クマより化け物だ!

という話は置いといて…

クマムシは宇宙に行っても死なない史上最強の生物です。

いくら0.2mmの大きさでも世界一最強な生物です。

クマムシは水がないときには乾燥し、「タル」というものになります。

その「タル」になっているとどんな攻撃、どんな圧力にも耐えられます。

なんでギネスのってないのー?

ベニクラゲは不死身なのか:海の不死身の生き物

ベニクラゲはさっきも書いたように不死身です。

死にかけるとポリプに戻り、また大人になる。

それの繰り返しで、不老不死なのです。

ですが、今紹介した3匹には、一応はありますけどね…

プラナリアはぬるま湯で溶けてしまう、クマムシは細菌で死んでしまうのです…

不死身は大変です…

まとめ:不死身の生き物

いかがでしたか。

水の生き物について知りたいなら、こちらの図鑑がオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました