スポンサーリンク

絶対に上手くなれる!漫画イラストの描き方。

イラスト

女の子のイラストを描いてみたいと思いますか?

私もイラストを描くのが毎日の楽しみくらい大好きです。

ですが、私も最初からうまいわけではありませんでした。

これが私の昔の絵です。

下手過ぎて泣きそうになりました、でもそれでも上手くなりたくて。

涙の修行をしました、現在の絵はコレ。

今回は私がどうやって上手くなったのか、それをお伝えします。

スポンサーリンク

イラストを描くのに基本の道具

まずは道具から、たくさんあるので1つづつまとめて紹介します。

1:ペン類

イラストを描くのに欠かせない道具はやっぱりペン類。

今回は、ボールペン、シャーペン、えんぴつを用意しました。

ボールペンは握りやすくて、書きやすい物を選びましょう。

シャーペンは折れにくいものを用意しましょう。

おすすめ:デルガード、オレンズネロ、モーグルエアー。

2Bのシャー芯を使用しています。

2B以外でもHBやBでもオッケー。

消しゴム

消しやすい物がおすすめです。

おすすめ:MONO、グリップ消しゴム。

紙類

ペン類の次に重量なのが、紙類。

色んなサイズがあると便利です。

全て無地の物を用意しています。

無地で切り離せる、スケッチブックもおすすめです。

自由帳もあると良いでしょう。

このような無地ノートでもオッケーです。

メモ用の小さな紙も良いでしょう。

その他

定規、コンパス、木のボート

コンパスもあると便利です。

えんぴつタイプのものがおすすめ。

線や□などを描くときに定規があればいいですよ。

〇や△の形が描ける定規もあると便利、かけあみとかに使います。

この道具はシャーペン以外、100均で買うことができます。

本のイラストをお手本にしましょう。

本を立てるように、本立てもあると良いです。

木のボード

紙を挟む為に、木のボードがあると良いでしょう。

縦横あると便利です。

絵を描き始めたきっかけ

絵の描き方を紹介する前に、私の涙の練習をご紹介いたします。

私が絵を描き始めたきっかけはペンダントストーリーという物語を描いてからです。

その話のヒロインのユキ・シャールー・ムーン・ホワインを描いてみたいなと思ったのです。

それが描き始めたきっかけです。

ですが最初は思った以上に上手く描けず、いやいやになりながらも練習をしました。

母親に写し紙で描いたらどうかとアドバイスをもらって。

漫画イラストの描き方という本も買ってくれました。

最初その本を見た時は想像の女の子と違うと文句を言っていました。

ある日、母親にお説教をされて、私はとうとう泣いてしまいました。

でもその次の日、前の出来事は取り消して、絵の練習を復帰させました。

毎日毎日写し紙で練習しましたがだんだん写し紙で描くのがつまらなくなってしまいました。

どうしても自分の手でこの絵そっくりの絵が描きたいと思ったからです。

ある日、本のイラストをお手本にして、写し紙を無しで絵を描いたら。

今までで一番上手い絵が描けたのです、自分はその絵に感動してしまい。

毎日、次々と絵を書いていました。

上手くなるには諦めずに毎日練習を続けることです。

毎日続けることで、イラストのポイントや特徴を見つけることができます。

まずは写し紙を使って練習をしましょう、すこしづつ練習して。

写し紙なしで挑戦してみてください。

女の子の基本の書き方

本番の女の子の書き方です。

順番は、輪郭、目、鼻、口、まるげ、髪、首、書く順番は人によっては順番は異なります。

私はこの順番でいつも書いています。

髪の長さは4種類あります、目の種類もいろいろ。

キャラを変えたいときは、髪や目を変えるとイメージキャラクターになります。

〇を上手く描きたいときはこの定規を使うと良いです。

まずは基本の女の子の書き方を紹介します。

まずは紙を用意する。

輪郭を描きます。

定規で〇を描く。「目を描く。」

まるの中にひの字を書く。

ひの中に光を描く。

光以外の場所を塗りつぶす。

口と鼻を描く、鼻はくの字ではなく、点を描く「目立つように。」

瞼、まつげを描く。

前髪を描く、前髪はアレンジしてもグット。

首を描く。

仕上げの髪とまゆげを描く。

お好で色を塗っても良いですよ。

長くしたい場合はこのイラストの髪を長く書きましょう。

自分で考えた目を書いてもかわいくなります。

初心者へのコツポイント。

イラストのコツは料理と同じようにお手本を何回も見ること。

何回もお手本を見ることで、キャラクターの違いや性格の違いが分かってきます。

自分で描いたイラストに架空の名前を考えてつけてもいいです。

似顔絵を描くときは、書く人の顔をよく見て、その人の特徴を見つけることです。

私は漫画イラストの書き方という本を持っていますが、持ってない人はインターネットで女の子の

イラストを見て書くと良いでしょう、または漫画をよく見る人は漫画のイラストをお手本にしましょう。

顔の向きを変えてみよう。

正面が上手くなった次は顔の向きを変えて書いてみましょう。

右ななめ、左ななめ、右横、左横、上向き、下向き、6種類の顔の向きがあります。

顔の向きが上手くなると絵のはばが広がります。

まずは右ななめと左ななめの書き方です。

まずは紙に輪郭を描く、ななめに見えるように。

右側の方は長めに、左横は短めに輪郭を書く。

目と鼻、口を書く、右側の目は細めに小さく書きましょう。

目の中身を描く。

まぶた、まつげ、まゆげを書く。

首と体を書く。

髪を描く、左横の髪は多めに書きましょう。

完成。

左ななめの書き方

輪郭を書く、次は左横側を長めに、右側を短めに。

目を描く、目の大きさはさっきと逆の書き方です。

髪を書く、左横を多めに書く。

完成。

大人っぽい顔を描くコツは?

基本の女の子のイラストを描けるようになったのはいいけど、大人の顔も描けるようになりたい!

次は大人のイラストの書き方をご紹介します。

1:目の大きさと位置

1つ目は目の大きさと目の位置です。

まず大人の顔や似顔絵を描くときは、目を高い位置に書くことが多いです。

あと子供とは違い、大人の目は子供よりやや小さめに書きます。

あと鼻も点ではなく、くの字の鼻を描くと大人っぽくなります。

あとは口の形も大切です、主人公のお母さんの場合はにっこりとほほ笑んでるように描きます。

2:髪型、目、身長を変える

2つ目は髪型や目を変えてみること。

大人っぽい目を書くことが大事。

本にのっている目を描いたり、自分で工夫して大人っぽい目を考えてみてください。

髪型も子供の髪よりちょっと変わった髪を書くといいでしょう。

ウェーブのロングヘアがピッタリです。

子供と親をそっくりに描くには?

続けては子供と親をそっくりに書くコツです。

考えた主人公の親をそっくりに描きたいと思う人は多いと思います。

目の色、髪の色、髪型を同じにする。

親子をそっくりに描くコツはまず目の色、髪の色、髪型を同じにすることです。

例えば女の子の目の色が水色なら親の目の色も水色にします。

目は別々の目でも同じ色にするだけでそっくりになります。

髪型も同じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました