スポンサーリンク

ホウライエソはいったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のホウライエソについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:ホウライエソはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に住んでいる魚の事です。

マリアナ海溝は200~10000mまでの深さがあります。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

ホウライエソとは:ホウライエソはいったいどういう魚?

ホウライエソは水深約500~2500mに生息しています。

長く伸びた背びれの先は光るようになっています。

その背びれで、獲物をおびき寄せます。

腹側に発光器が並びに、その発光器を光らせて自分の姿を消します。

ホウライエソの特徴は顎の長い牙である。

「深海のギャング」とも呼ばれるホウライエソですが、牙が長すぎて完全に口を閉じられないという。

また、ホウライエソは自分より大きい獲物を口にしてしまうと、そのまま飲み込めず餓死してしまう。

そして、ホウライエソは自分より小さい「ボウエンギョ」が天敵なのです!

ホウライエソの体長は35cm。〈ちなみに、ボウエンギョは22cm〉

ホウライエソの仲間

ホウライエソの仲間を紹介します。

ワニトカゲギス

ホウライエソによく似ていますが、背びれが1つしかなく、顎の下にひげがあります。

そのひげで獲物をおびき寄せます。

ヨコエソ

このヨコエソは特殊な能力があります。

なんとオスにもメスにもなれる!

まあ生まれて1年間だけオスとして生きます。

そして、体が大きくなるとメスになります。

ミツマタヤリウオ

体がヘビのようで、メスは大型になり、ひげがあります。

口はとても大きく開き、子どもの頃は目玉が飛び出しています。キモ…

ホテイエソ

ホテイエソはからだが柔らかく、うろこがない魚です。

ひげがあり、目の下に発光器を持ちます。

オオクチホシエソ

この魚も同様、目の下に発光器を持ちます。

でもこの魚、めちゃくちゃやばい野郎です。

なんとこの魚、顎の底がありません。

深海では獲物が少ないため、獲物を逃がすことなく捕まえなければなりません。

顎の底がない理由は、顎を素早く動かすためです。

しかも、発光器が赤く光ります!

その発光器で獲物を見つけます。

なんで獲物にばれないのか、それは深海では赤色が見えないのです。

だから逃がさずに、獲物を捕まえる事ができます。

まとめ:ホウライエソはいったいどういう魚?

以上、ホウライエソについてでした。

ホウライエソについてはこちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました