スポンサーリンク

ヘリコプリオンの正体は…!・ヘリコプリオンは○○○だった?!

水生生物

ついにヘリコプリオンの正体が!

スポンサーリンク

ヘリコプリオンって?

ヘリコプリオンはぐるぐるまきの顎をもつギンザメの仲間です。

主にアンモナイトを食べているようです。

それと、ぐるぐるまきの顎は役に立っていたかは不明です。

なぜぐるぐるまきの顎なのか?

ヘリコプリオンは牙が古くなっていくだびに顎をまいたという。

「エデスタス」も同じ特徴を持っています。

エデスタスの正体

ヘリコプリオンの正体…

ヘリコプリオンの正体は、アンモナイトです。

なんと化石がアンモナイトそのまんま。

(※写真はアンモナイトです。)

なぜアンモナイトなの?

ヘリコプリオンは顎の化石しか見つかっていません。

ヘリコプリオンとアンモナイトについて見てもらいましょう。

↓ヘリコプリオン

(サイトを見る)

↓アンモナイト

(サイトを見る)

見た目が似ていますね。

これが証拠です。

まとめ

本当にヘリコプリオンがアンモナイトなのかは限りません。

古代生物は奥が深いですね、ホントに。

他のブログも見てね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました