スポンサーリンク

リュウグウノツカイっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のリュウグウノツカイについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:リュウグウノツカイっていったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に住んでいる魚の事です。

マリアナ海溝は200~10000mまでの深さがあります。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

リュウグウノツカイとは:リュウグウノツカイっていったいどういう魚?

リュウグウノツカイは水深約200~1000mに生息しています。

特徴はたてがみのような背びれ、腹びれに見えるものはセンサーです。

タチウオのように体が細く、うろこ、歯、浮き袋を持たない、いわゆる軟骨魚類です。

リュウグウノツカイは一応食べられる深海魚ですが、水っぽくってあまりおいしくないそう…

でも、心臓や肝臓はうまいらしい。

リュウグウノツカイを食べてみた。

リュウグウノツカイの仲間:リュウグウノツカイっていったいどういう魚?

リュウグウノツカイの仲間を紹介します。

アカマンボウ

マンボウに似ていますが、マンボウの仲間ではありません。

肉食性で、リュウグウノツカイの仲間。

回転寿司のマグロがアカマンボウだとか。

アカナマダ

リュウグウノツカイにとても似ており、たてがみがあります。

このアカナマダはとても変わった魚で、肛門から墨(スミ)を出します。

フリデソウオ

尾びれが小さく、珍しい魚。

1cmほどの大きさで、プランクトンや甲殻類などを餌にします。

子供の頃は胸びれが「振り袖」のよう。

スタイルフォルス・コルダタス

「ボウエンギョ」のように望遠鏡のような眼をしています。

体が細長く、スポイトのような口をしています。

とても珍しい魚です。

ラディセファルス・ケッシンガー

リボン状の体をしており、とても小さな尾びれを持ちます。

とても珍しい魚で、世界で1個体しか見つかってないという。

まとめ:リュウグウノツカイっていったいどういう魚?

以上リュウグウノツカイについてでした。

リュウグウノツカイについて、詳しく知りたい方はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました