スポンサーリンク

チョウチンアンコウっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のチョウチンアンコウについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:チョウチンアンコウはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に住んでいる魚の事です。

マリアナ海溝は200~10000mまでの深さがあります。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

チョウチンアンコウとは:チョウチンアンコウはいったいどういう魚?

チョウチンアンコウは水深約200~800mに生息しています。

全長約60cm。

チョウチンアンコウは有名な深海魚ですね。

名前の通り「ちょうちん」のようなルアーを持っていて、ルアーで獲物をおびき寄せます。

体は頭より小さく、眼も小さい。

チョウチンアンコウには何種類の仲間がいます。

皮膚はブヨブヨしているため、食べるには向いていません。

チョウチンアンコウの仲間:チョウチンアンコウはいったいどういう魚?

チョウチンアンコウの仲間を紹介します。

オニアンコウ

顎の下にはひげがあります。

エスカの先には1本の枝が伸び、その枝から小さな枝があります。

「枝の中には枝がある」みたいな感じ。

ユウレイオニアンコウ

名前の通り、幽霊のようなアンコウです。

皮膚が透明で、色素がありません。

細かい牙が生えています。

ミツクリエナガチョウチンアンコウ

体が横につぶれていて、背びれの前に肉質の突起があります。

体は卵型の形をしています。

ビワアンコウ

とげ状のうろこがあり、ザラザラしている。

ビワアンコウはチョウチンアンコウの仲間で最も巨大です。

ペリカンアンコウ

細かいとげ状のうろこをもっています。

イリシウムはやや長く、エスカの先に二つのふくらみがあります。

シダアンコウ

自分の全長とほとんど同じ大きさのルアーがあります。

逆さまになって獲物を捕まえます。

アンコウ

「キアンコウ」と区別されます。

体は平たく、地面に隠れて獲物を捕まえます。

キアンコウは「あんこう鍋」で有名です。

まとめ:チョウチンアンコウはいったいどういう魚?

以上、チョウチンアンコウについてでした。

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました