スポンサーリンク

デメニギスはいったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のデメニギスについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:デメニギスはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に住んでいる魚の事です。

マリアナ海溝は200~10000mまでの深さがあります。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

デメニギスとは:デメニギスはいったいどういう魚?

デメニギスは水深約400~800mに生息しています。

デメニギスの一番の特徴は透明な頭の中に大きな緑色の眼球でしょう。

その目で獲物のカウンターイルミネーションを見破る事ができます。

デメニギスはなぜ頭が透明なのか。それは、大きな目を守るためだと思います。

ニギスの仲間なので、食べれないことはないと思います。

でもめちゃくちゃまずいと思う…うん…

デメニギスの仲間:デメニギスはいったいどういう魚?

デメニギスの仲間を紹介します。

クロデメニギス

クロデメニギスは眼球が大きく、デメニギスと違って目は前を向いています。

深海のわずかな光で獲物を見つけます。

ヒカリデメニギス

デメニギスと同じように上向きの目を持ちます。

腹に平らな発光器をもち、光らせて身を隠します。

「ハイイロヒカリデメニギス」と「クロヒカリデメニギス」と区別されます。

ヨツメデメニギス

名前の通り、目が4つあるデメニギスです。

下向きの目は反射板が何枚も重なり、光を集めます。

ゼノフタルティクチス・ダナ

世界で一個体しか見つかっていないとても珍しい魚です。

銀色に輝いており、体がとても細長いです。

まとめ:デメニギスはいったいどういう魚?

以上、デメニギスについてでした。

デメニギスについてはこちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました