スポンサーリンク

今知っといた方がいい!・海と川の危険生物。

あにしゃんブログ

海にいる危険生物はサメ、シャチ、クラゲだけじゃないのです。

海に行く前に知っといた方がいいです。

10:ダツ

ダツはサメよりも恐ろしいと言われています。

カジキと同じ吻があります。

ダツが首に刺さる事故が起きています。

ですが、ダツに刺さっても抜かずそのまま病院に行きましょう。

ダツに襲われないためには、夜に海に行かないことです。

ダツは光る物なら何にでも突進してきます。

生息地:房総半島以南

特徴:体が細く、鋭い吻のような口、細かい牙。

9:オニダルマオコゼ

オニダルマオコゼは石に化ける魚です。

背ビレに毒とげがあります。

刺されたら24時間で5㎝の水ぶくれができます。

刺されないためには、オニダルマオコゼじゃなくても石の上に乗らない事でしょう。

生息地:奄美大島以南

特徴:あまりにも石に似すぎてよくわからないがこれだけは言える。背びれにとげがついていること。

8:イモガイ

イモガイは吻を持つ貝です。

イモガイ類はカラがきれいな色をしています。

なので、ついつい触ってしまいます。

イモガイに刺されて死亡した例があります。

イモガイの仲間のアンボイナは刺されたら所に穴があき、そこが紫色になります。

痺れて全身に広がり吐き気、目まいが起こり、意識不明になります。

そして、毒を絞って病院に行きましょう。

刺されないためには、三角形のきれいな貝をさわらないことです。

生息地:伊豆諸島・紀伊半島以南(アンボイナ)

特徴:布の上に貝でも乗っているような姿。

7:アカエイ

オーストラリアでTVの撮影をしていた男性が、海に潜った際にアカエイに胸を刺されてしまいました。

そして、男性は死亡しました。

刺された男性はスティーブ・アーウィンという人でした。。

それほど危険だと知っておきましょう。

アカエイに刺されないためには、海に入る前に何がいるかチェックすることです。

生息地:日本・東アジア。

特徴:見た目はふつうのエイだが、尾の上にとげがあるのがよく見るとわかるだろう。

6:カツオノエボシ

カツオノエボシに刺されたらアナフィラキシーというショックを起こします。

アナフィラキシーを起こしたら死の危険がある。

世界一巨大なクラゲのクダクラゲ目とされる。

ちなみに、カツオノエボシの体は浮き袋だけです。

じゃあなんで触手があるのかって?

カツオノエボシの触手は全部ヒドロ虫が集まった物です。

もし刺されてしまったら、タバコを1本吸う時間という短い間に処置をする必要があります。

特徴:ドロドロな触手、爪楊枝で強く押したら割れそうな浮き袋。

5:UMA

UMAはネッシーなどで有名。

未確認生物と呼んでもいいでしょう。

googlemapで写ってしまったヒトガタ。

この未確認生物の名前は知りませんが、皮膚が白く頭と足だけしかありません。

「顔もなかった」事で知られている。

氷河などの場所で見られますが、最近では夜中の監視カメラで映った事も。

UMAの本があるので、それくらい有名です。

見たい方は本を買いましょう。

自分はあんまりですね(^^;)

スポンサーリンク

川の危険生物

川に遊びに行くんだったら危険生物も知っとかなきゃなりません。

川の危険生物は牙の無い魚もいますが、何かの危険な能力を持つ可能性があります。

10:カショ―ロ

カショーロはホウライエソのように頭を上に向けることができます。

ホウライエソと同様に長い牙があります。

ホウライエソは長い牙が1本ですが、カショーロは2本牙があります。

恐ろしいのは、ピラニアを食うことです。

ピラニアには、こんな話があります。

1匹のピラニアは弱い。

もちろんその通りです。

6~9匹の群れがいなければ強くないです。

なので、ペットとして飼えます。

うちのおばちゃんもピラニアを飼っていたそうです。

金魚をガブリ!と、勢い良く食い尽くしたみたいです。

でも、小型のカショーロはピラニアと同様にペットにできます。

9:カルムチー「ライギョ」

またもやピラニアの天敵。

恐ろしいのは、噛まれると肉が食いちぎられること。

肉食なんで、釣りをして牙を確認してみたらどうでしょうか。

釣りに行けない方はこれを見てください。

ライギョの牙

8:ガンディル

最初はドジョウのようにみえますが、吸血鬼のナマズです。

色は様々。

透明、茶色、薄い青。

知ってる方もいると思いますがブルーガンディルが薄い青色をしています。

7:デンキウナギ

危険性は特に0。

アマゾン川にだけにいるので心配する必要はありません。

デンキウナギの変な体に注目!

自分で書いたデンキウナギの絵なんですけど。

絵に顎の下に(↑)を付けていますよね。

なんとそこが校門!

消化した食べ物がこう来てるのだとか。

ダメダメなデンキウナギ

皆さんも思ってるでしょう。

電気を発電した時に感電してないのか。

感電しないかと思ったら自分も感電しています。

危険生物の見た目の違い

※陸の危険生物も出てきますのでお許し下さいm(_ _)m

10:ホホジロザメとイタチザメ

フィギュアで紹介します。

 

尾びれの後ろ:ホホジロザメは丸みがあり、イタチザメは尾びれに合わせて細くなっています。

 

鼻の先:ホホジロザメはとがっています、イタチザメは丸くなっております。

 

第二背びれ:生物はサメ、シャチ、クラゲだけじゃないのです。

 

海に行く前に知っといた方がいいです。

 

10:ダツ

ダツはサメよりも恐ろしいと言われています。

 

カジキと同じ吻があります。

 

ダツが首に刺さる事故が起きています。

 

ですが、ダツに刺さっても抜かずそのまま病院に行きましょう。

 

ダツに襲われないためには、夜に海に行かないことです。

 

ダツは光る物なら何にでも突進してきます。

 

 

生息地:房総半島以南

 

特徴:体が細く、鋭い吻のような口、細かい牙。

 

9:オニダルマオコゼ

オニダルマオコゼは石に化ける魚です。

 

背ビレに毒とげがあります。

 

刺されたら24時間で5㎝の水ぶくれができます。

 

刺されないためには、オニダルマオコゼじゃなくても石の上に乗らない事でしょう。

 

 

生息地:奄美大島以南

 

特徴:あまりにも石に似すぎてよくわからないがこれだけは言える。背びれにとげがついていること。

 

8:イモガイ

イモガイは吻を持つ貝です。

 

イモガイ類はカラがきれいな色をしています。

 

なので、ついつい触ってしまいます。

 

イモガイに刺されて死亡した例があります。

 

イモガイの仲間のアンボイナは刺されたら所に穴があき、そこが紫色になります。

 

痺れて全身に広がり吐き気、目まいが起こり、意識不明になります。

 

そして、毒を絞って病院に行きましょう。

 

刺されないためには、三角形のきれいな貝をさわらないことです。

 

生息地:伊豆諸島・紀伊半島以南(アンボイナ)

 

特徴:布の上に貝でも乗っているような姿。

 

7:アカエイ

オーストラリアでTVの撮影をしていた男性が、海に潜った際にアカエイに胸を刺されてしまいました。

 

そして、男性は死亡しました。

 

刺された男性はスティーブ・アーウィンという人でした。。

 

それほど危険だと知っておきましょう。

 

アカエイに刺されないためには、海に入る前に何がいるかチェックすることです。

 

 

生息地:日本・東アジア。

 

特徴:見た目はふつうのエイだが、尾の上にとげがあるのがよく見るとわかるだろう。

 

6:カツオノエボシ

カツオノエボシに刺されたらアナフィラキシーというショックを起こします。

 

アナフィラキシーを起こしたら死の危険がある。

 

世界一巨大なクラゲのクダクラゲ目とされる。

 

ちなみに、カツオノエボシの体は浮き袋だけです。

 

じゃあなんで触手があるのかって?

 

カツオノエボシの触手は全部ヒドロ虫が集まった物です。

 

もし刺されてしまったら、タバコを1本吸う時間という短い間に処置をする必要があります。

 

 

特徴:ドロドロな触手、爪楊枝で強く押したら割れそうな浮き袋。

 

5:UMA

UMAはネッシーなどで有名。

 

未確認生物と呼んでもいいでしょう。

 

googlemapで写ってしまったヒトガタ。

 

この未確認生物の名前は知りませんが、皮膚が白く頭と足だけしかありません。

 

「顔もなかった」事で知られている。

 

氷河などの場所で見られますが、最近では夜中の監視カメラで映った事も。

 

UMAの本があるので、それくらい有名です。

 

見たい方は本を買いましょう。

 

自分はあんまりですね(^^;)

 

川の危険生物

川に遊びに行くんだったら危険生物も知っとかなきゃなりません。

 

川の危険生物は牙の無い魚もいますが、何かの危険な能力を持つ可能性があります。

 

10:カショ―ロ

カショーロはホウライエソのように頭を上に向けることができます。

 

ホウライエソと同様に長い牙があります。

 

ホウライエソは長い牙が1本ですが、カショーロは2本牙があります。

 

恐ろしいのは、ピラニアを食うことです。

 

ピラニアには、こんな話があります。

 

1匹のピラニアは弱い。

 

もちろんその通りです。

 

6~9匹の群れがいなければ強くないです。

 

なので、ペットとして飼えます。

 

うちのおばちゃんもピラニアを飼っていたそうです。

 

金魚をガブリ!と、勢い良く食い尽くしたみたいです。

 

でも、小型のカショーロはピラニアと同様にペットにできます。

 

9:カルムチー「ライギョ」

またもやピラニアの天敵。

 

恐ろしいのは、噛まれると肉が食いちぎられること。

 

肉食なんで、釣りをして牙を確認してみたらどうでしょうか。

 

釣りに行けない方はこれを見てください。

 

ライギョの牙。

 

8:ガンディル

最初はドジョウのようにみえますが、吸血鬼のナマズです。

 

色は様々。

 

透明、茶色、薄い青。

 

知ってる方もいると思いますがブルーガンディルが薄い青色をしています。

 

7:デンキウナギ

危険性は特に0。

 

アマゾン川にだけにいるので心配する必要はありません。

 

デンキウナギの変な体に注目!

 

自分で書いたデンキウナギの絵なんですけど。

 

 

絵に顎の下に(↑)を付けていますよね。

 

 

なんとそこが校門!

 

消化した食べ物がこう来てるのだとか。

 

 

ダメダメなデンキウナギ

皆さんも思ってるでしょう。

 

電気を発電した時に感電してないのか。

 

感電しないかと思ったら自分も感電しています。

 

危険生物の見た目の違い

※陸の危険生物も出てきますのでお許し下さいm(_ _)m

 

10:ホホジロザメとイタチザメ

フィギュアで紹介します。

 

 

 

尾びれの後ろ:ホホジロザメは丸みがあり、イタチザメは尾びれに合わせて細くなっています。

 

 

 

鼻の先:ホホジロザメはとがっています、イタチザメは丸くなっております。

 

 

 

第二背びれ:

コメント

タイトルとURLをコピーしました