スポンサーリンク

シーラカンスっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のシーラカンスについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:シーラカンスっていったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に住んでいる魚の事です。

マリアナ海溝は200~10000mまでの深さがあります。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

シーラカンスとは:シーラカンスっていったいどういう魚?

シーラカンスは水深約54~800mに生息しています。

特徴は手足のようなひれで、四足歩行で歩くように泳ぎます。

シーラカンスはうろこが固く、背骨がとても弱いのです。

光る眼をもち、イカやウナギなどを獲物にします。

世界で1000匹しかいないシーラカンスですが、めちゃくちゃまずいみたいです…

シーラカンスの仲間:シーラカンスっていったいどういう魚?

シーラカンスの仲間を紹介します。

※シーラカンスは97種類のもの仲間がいますが、さすがに多いので生き残った1匹にしました。

ラティメリア・メナドエンシス

「海の王様」と意味している魚。

シーラカンスより珍しく、シーラカンスとの区別は体の色が茶色かで区別します。

2006年5月30日に生きているラティメリア・メナドエンシスの撮影に成功しました。

別名は「インドネシアシーラカンス」と言います。

まとめ:シーラカンスっていったいどういう魚?

以上シーラカンスについてでした。

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました