スポンサーリンク

ニュウドウカジカっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

ニュウドウカジカについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:ニュウドウカジカはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に棲んでいる魚のことです。

一番深い海のマリアナ海溝の深さは200~10000mです。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

ですが、深海魚はその水圧に耐えられる不思議な体を持っています。

では早速、ニュウドウカジカについて見ていきましょう!

ニュウドウカジカとは:ニュウドウカジカはいったいどういう魚?

ニュウドウカジカは水深約2800mに生息しています。

全長68cmほどの大きさ。

「世界で一番醜い生き物」として有名ですね。ひどいな!おい!

ニュウドウカジカは英名「ブロブフィッシュ」。

「おじさんのような魚」とも言われています。本当にいろいろとひどいな!

ニュウドウカジカは陸の上がると、皮が剝がれてしまいます。もう本当にひどいよ

名前の由来は顔にヒゲ(皮弁)が、まるで「入道」のようだから。

「世界で一番醜い生き物」と言っても、いつも醜いわけではありません。

深海にいると灰色っぽい色をしており、あまり泳ぐことのない普通の深海魚なんです。

皮膚はゼラチン質ですが、食料にもされます。

まとめ:ニュウドウカジカはいったいどういう魚?

以上ニュウドウカジカについてでした。

今度も深海魚のブログ書いていきます!

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました