スポンサーリンク

オニボウズギスっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のオニボウズギスについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:オニボウズギスはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に棲んでいる魚のことです。

一番深い海のマリアナ海溝の深さは200~10000mです。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

ですが、深海魚はその水圧に耐えられる不思議な体を持っています。

では早速、オニボウズギスについて見ていきましょう!

オニボウズギスとは:オニボウズギスはいったいどういう魚?

オニボウズギスは水深約600~1000mに生息します。

全長19~30cmほどの大きさ、小さいですね…

オニボウズギスは、大きな口と、針のように鋭い牙を持ちます。

うろこがあまりありませんが、オニボウズギスは「野獣」とも言えるでしょう。

普通の魚の見た目?そうは限りません。

オニボウズギスは、ゴムのように伸びる胃袋を持ちます。

その胃袋で2倍、いや10倍も大きな獲物を丸吞みします。

サバも飲み込めるほどの深海のアナコンダですよ。

「ハダカイワシ」1万匹ぐらい胃袋に入りそうですね。

…でも食べ過ぎで死んでしまう場合も。胃袋爆発して死亡。

深海にはゴミも多いので、それを飲み込んだら100%助からないでしょうね。

残念無念。

まとめ:オニボウズギスはいったいどういう魚?

以上オニボウズギスについてでした。

今度も深海魚のブログ書いていきます!

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました