スポンサーリンク

シンカイエソっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のシンカイエソについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:シンカイエソはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に棲んでいる魚のことです。

一番深い海のマリアナ海溝の深さは200~10000mです。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

ですが、深海魚はその水圧に耐えられる不思議な体を持っています。

では早速、シンカイエソについて見ていきましょう!

シンカイエソとは:シンカイエソはいったいどういう魚?

シンカイエソは水深約4900mに生息しています。

全長78cmほどの大きさ。

シンカイエソは海底にじっとしている「ヘビ」のような深海魚。

そこに獲物が来たら襲いかかります。

4000mの深海には獲物が少ないため、シンカイエソの牙は針のようだ。

そして獲物が少ないということは、シンカイエソも少ないはず。

餓死してしまうのでしょう。

シンカイエソは「ウナギ」と同じように顎が前に出ており、とても珍しい種です。

まとめ:シンカイエソはいったいどういう魚?

以上シンカイエソについてでした。

今度も深海魚のブログ書いていきます!

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました