スポンサーリンク

ミズウオっていったいどういう魚?調べてみる

水生生物

深海魚のミズウオについて説明します。

スポンサーリンク

深海魚とは:ミズウオはいったいどういう魚?

深海魚とは文字通り、深い海に棲んでいる魚のことです。

一番深い海のマリアナ海溝の深さは200~10000mです。

水圧が高く、人が行くことのできない場所でしょう。

ですが、深海魚はその水圧に耐えられる不思議な体を持っています。

では早速、ミズウオについて見ていきましょう!

ミズウオとは:ミズウオはいったいどういう魚?

ミズウオは水深約900~1400mに生息しています。

全長2mにもなります。

ミズウオは大きな口をもち、鋭い牙が生えています。

その大きな口で自分の口に入るものはすべて丸吞みします。

胃の中からペットボトルやビニール袋が見つかったりします。

ミズウオは深海魚ですが、海岸の打ち上げられることがよくあるそうです。

「バショウカジキ」のような背びれを持っており、浮き袋を持ちません。

ミズウオは「ヒメ」の仲間ですが、エソの方が近い種類みたいです。

ミズウオの身は水っぽく、煮ると溶けてしまう。

それが名前の由来にもなっています。ひどいな!

もちろんですけど、食料には向いていません。

ミズウオの仲間:ミズウオはいったいどういう魚?

ミズウオの仲間を紹介します。

イトヒキイワシ

イトヒキイワシは腹びれと尾びれで立ちます。

その姿がまるで「三脚」のようだから別名「サンキャクウオ」と呼ばれます。

イトヒキイワシはあまり動くことはなく、海底でじっとしていて獲物が来るのを待ちます。

イトヒキイワシは「イワシ」と名前についていますが、決してイワシの仲間ではありません。

仲間の「ナガヅエエソ」がいます。

ボウエンギョ

名前の通り望遠鏡のような眼を持ちます。

わずかな光を集めるため、望遠鏡のようになったと言われている。

イトヒキイワシのように尾びれが長い。〈胸びれは普通です〉

自分より大きな獲物を丸吞みできるという。

珍しく、口は大きく開きます。

シンカイエソ

「ウナギ」のように顎が前に出ており、鋭い牙が並んでいます。

体は白っぽく、珍しい種です。

海底でじっとして、獲物が来たら襲いかかります。

「ミナミシンカイエソ」と区別されます。

まとめ:ミズウオはいったいどういう魚?

以上ミズウオについてでした。

今度も深海魚のブログ書いていきます!

こちらの図鑑に詳しく載っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました